【バイク選び│バイク教習│大型二輪免許】大型免許への道、それは音もなくあらわれる

多摩ショップさんのNinja650(2019)

こんにちは、ジーナです。

エストレヤのリアタイヤ交換作業の待ち時間。

店内をブラブラ見ていると、ふと目に入った2019年式のNinja650。

ピカピカ!
多摩ショップさんのNinja650(2019)

「大型かぁ~(わたしには無縁だなぁ)」

Ninja650は、以前先輩ライダーさんに「もし大型乗るならこのバイクもいいんじゃない?」と言ってもらったことがあったバイク。

でもわたしは今のエストレヤでトコトコ走るのが大好きだし、おしゃれで軽くて動かしやすくてなんの不満もない。

燃費もいいし、車検もないし(その分こまめにチェックや整備は通ってるけど)、流通してるバイクだからパーツにも困らないし…本当にいいバイク。

それに250ccのバイクですらまだまだ走れていないのに、自分が大型に乗るなんてまったくイメージがつかなかった。

…でも、タイヤ交換もう少し時間もかかりそうだし、先輩から聞いていたNinja650に出会えたのもなにかのご縁かもしれないし、ちょっと跨ってみるかな。

「すみませーん、このバイク、跨ってみてもいいですか?」
「いいですよ~どうぞどうぞ(^^)」

ひらり。

あれ…?
Ninja650(2019)にまたがる銀条ジーナ

思っていたより足がつく??

「あ、脚付きや体格的にも全然大丈夫ですね~(^^)」

倒したら怖いので、整備士さんに支えてもらいながらバイクを起こして見る。

Ninja650(2019)
「…あれ?思っていたより軽い…」

大型=重い
大型=足がつかない

そう思い込んでいたわたしに衝撃が走る

…もしかしたら…大型免許取れたら…
わたしでも乗れるのかな??

「このバイクは、大型の割に軽いし、脚付きもいいし、操作性もいいので大型初心者さんや女性ライダーさんにもおすすめのバイクなんですよ(^^)」

「銀条さんも…いっちゃいますか、大型(^^)b」

「いえいえいえいえ…そんなそんな(;・∀・)」

言いながらも、心の奥底にポジティブな焦燥感が走るのがわかった。

心の奥に新しい灯がともったのがわかる。

この時は「大型に乗る」ということよりも、

「新しいことにチャレンジするワクワク感」が強かったと思う。

こうなったらもう心は止まらないことを、わたしは知っている。

タイトルとURLをコピーしました