【バイク教習│大型二輪免許&普通二輪免許】コヤマドライビングスクールの無料送迎バスと適性検査

適性検査の結果
※無料送迎バスと適性検査は、中免(普通二輪)も大型二輪も共通なので、この記事はどちらの教習生さんにも参考にしていただけます(*^^*)♪

こんにちは、ジーナです。

大型二輪免許での再入校手続きを終えて10日後。

あいにくの雨ですが、運良く同じ日に「適性検査+乗車2時間予約」が取れたのでいってきました!

 

無料送迎バス

多くの教習所でもそうかと思いますが、ありがたいことにコヤマドライビングスクールでも無料送迎バスが運行しているのでこれで向かうことに。

中免以来、約2年ぶりの無料送迎バス。

バスが来る15分前に到着していたのですが、この日はあいにく朝から雨。

ギリギリまで建物の屋根の下で待ち、バスが来る時間に送迎場所に立つも…

なんと気づかれずバスが行ってしまった(((;°Д°;))))!!

ギャー!今日は初日な上、適性検査に乗車2時間もあるのにどうしよう(((;°Д°;))))

※こういう時のためにバスの運転手さんの携帯番号が送迎バスのページに書いてあるのですが、なにせ2年ぶりなのでそんなことはすっかり忘れていた

電車で向かうか!?考えている時間もないので、とりあえず駅に向かって走りながらで時刻表を検索!ダメだー電車だと適性検査に間に合わない(((;°Д°;))))!!

結局駅前のタクシー乗り場からタクシーに飛び乗って、ギリギリ適性検査開始前に教習所に到着しました!

かっ飛ばすタクシーのイメージ
(実際は道が混んでてスーパートコトコペースでした_(:3」∠)_)かっ飛ばすタクシー

しかし予定外の2千円の出費…(((;°Д°;))))

こんなことなら最初から電車で向かえば数百円で済んだのに…(T_T)グスン

まだ焦りでバクバクしている胸の鼓動をおさえつつ、予想外の出費にしょんぼりしつつ、2階の受付への階段をのぼるのであった…

教訓:送迎バスには「わたし乗るよ!ここにいるよ!」アピールをしっかりしましょう(;・∀・)タハー ※雨の日は視界も悪いし傘で見えにくいので特に注意
万が一乗り遅れたり、時間なのにバスが見当たらないなどの場合は、コヤマドライビングスクールのサイトの無料送迎バスの各ルートのページに「安心ダイヤル」というバスの運転手さんの携帯番号があるのでそこに連絡しよう!
適性検査

適性検査を受けるときは、まず2階の受付でパパルカード(コヤマドライビングスクールの教習生カード)を提出し、教習原簿とパパルカードを受け取って適性検査会場の3階301号室へと向かいます。

筆記用具は、適性検査会場で用意されているので持参しなくて大丈夫( •̀∀•́ )b

中型免許以来久々の適性検査。

検査用の冊子が配られ、表紙をめくるのも、ペンを持つのも置くのもすべて教官の指示があってから。勝手にページをめくったりしてはいけません。

問題は1問1問進み、制限時間内ひたすら図形に線を引いたり、簡単な計算問題を解いたり…集中、小休憩、集中、小休憩の繰り返し。結果が出るのは後日になります。

過去に普通自動車免許(4輪)の適性検査では後に呼び出しをくらったワタクシ、今回見事すべて問題なし!で安心しました\(^o^)/✨(あ、中型二輪も問題なく適性検査通ってます😂)

わかりにくいけど「*」がついているのが自分の適性検査の診断結果票
適性検査の結果

送迎バスに乗れず急な出費は痛かったものの、とりあえず大型免許最初の教習の適性検査は無事に終えることができました!
さて、次はこのままコースに出て、大型二輪教習の初乗車です( *˙ω˙*)و !
タイトルとURLをコピーしました